家庭用蓄電池ならエナジーリンク

  • LED照明は今が買い換え時!
  • 法人のお客様必見 エネルギーコスト対策
  • 家庭用蓄電池補助金スタート!
  • カーポート型ソーラー 駐車スペースを有効活用
  • 農地転用型太陽光 休耕地・遊休地活用
  • ソーラーパネル設置についてご相談ください

家庭用蓄電池の補助金 お得のチャンスです!!
家庭用蓄電池の補助金 お得のチャンスです!!
今、無料見積もりを依頼された方へ3つの特典

  • 現在ご使用中の太陽光発電を無料診断
  • 電気自動車を1泊2日で無料レンタル
  • LED照明5万円相当プレゼント!!

補助金最大100万円

最大100万円の補助金が受けられる平成26年度(補正予算)蓄電池補助金申請は
6月12日(金)に私書箱に到着した申請をもって交付申請の受付を終了いたしました。

でも、ご安心下さい。
とっておきの情報をお伝えします。

「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」補助金最大165万円

H26年度補正予算「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の申請受付が開始しており、
蓄電池付充電器の購入で最大165万円の補助金が受けられます。

家庭用蓄電池とは?
家庭用蓄電池とは、主に夜間の電力単価が安い時間帯に充電を行い、昼間に放電を行う事で、単価の差額を経済的メリットとして受ける事が出来ます。又、昨今不安が増加している災害等による停電時には、家族を守るバックアップ電源として機能します。

蓄電池付充電器とは?

蓄電池付充電器の説明図

家にも車にも蓄えた電気を使える!!

太陽光発電とお得な深夜電力で充電した電力を蓄える蓄電池の機能はそのままに、家庭内の電気はもちろんのこと、電気自動車にも充電できる機能をもった製品です。又、昨今不安が増加している災害等による停電時には、家族を守るバックアップ電源として機能します。

蓄電池付充電器はこのような方におススメ!!

  • 太陽光発電を利用されている方、またはご検討中の方
  • 電気自動車(EV)を利用されている方、またはご検討中の方
  • 蓄電池の購入をご検討中の方
  • 蓄電池を補助金でお得に購入したい方

蓄電池付充電器の補助金について

「蓄電池」と「蓄電池付充電器」の給付金の支給元機関はそれぞれ異なります。補助金額には差がありますので、お客様の生活スタイルによっては蓄電池付充電器を設置した方がお得になるかもしれません。

「蓄電池」と「蓄電池付充電器」の補助金額の差に注目!!

EV車の「リーフ」を展開する日産自動車。その関連会社がフォーアールエナジー株式会社です。 同社のリリースする「ENEHAND(エネハンド)充電器」を例に、「蓄電池」と「蓄電池付充電器」の補助金の比較をご覧ください。
価格は機能性が豊富な「蓄電池付充電器」が少々高めですが、補助金支給額には大きな差があります。

蓄電池と蓄電池付充電器の補助金比較例(平成27年)

フォーアールエナジー社の「EHB-240A03B」と「CHB-240A03L」を例にしておりますが、実際価格と異なる場合がございます。
あくまでも参考価格を掲載していますのでご了承ください。

蓄電池 充電池付充電器
機種 EHB-240A03B CHB-240A03L
定価 380万円 410万円
上限販売価格 216万円 320万円
補助金 75万円 環境共創イニシアチブ(SII) 160万円 次世代自動車新興センター(NEV)
実購入価格 141万円(※本体価格) 160万円(※本体価格)

蓄電池は12kWh容量。補助金を受給する際の上限額が決められており、機器を216万円で買った場合の補助金は約75万円です。
実購入価格は216万円-75万円=141万円(※本体価格)

一方、蓄電池機能付充電器の補助金はNEVから支給されます。本体価格の上限320万円に対し、補助金が1/2の160万円。蓄電容量は同様の12kWhになります。
実購入価格は320万円-160万円=160万円(※本体価格)

価格は機能性が豊富な「蓄電池機能付充電器」が少々高めですが、補助金支給額には大きな差があります。

「充電池付充電器」の蓄電機能による経済メリット

1ヶ月の電気使用量が450kWhという標準的な家庭を例に、「充電池付充電器(ENEHAND(エネハンド)充電器)」の蓄電機能による経済面でのメリットを計算してみます。

ENEHND(エネバンド)充電器設置の場合

※フォーアールエナジー社の蓄電池付充電器「CHB-240A03L」を例にしておりますが、実際数値と異なる場合がございます。あくまでも参考数値を掲載していますのでご了承ください。

蓄電によるメリット

蓄電池機能付充電器の蓄電容量は12kWh。
実容量を11kWhとすると1ヶ月あたりの充電容量は次のようになります。
11kWh×30日=330kWh

割安な深夜電力を使って充電した場合、kWhあたりの差額は
36円(昼間電力)-10円(深夜電力)=26円

この家庭の1ヶ月の経済メリットは、
330kWh×26円=8,580円
蓄電機能によるメリットはこのように試算できます。

エナジーリンクが蓄電池をおススメする3つのメリット

  • 月々の電気代が3,000円おトクに
  • 太陽光発電とのみ合わせで停電対策ができます!!
  • 今なら補助金の活用によって、お得に導入できます!!

※金額はエナジーリンクの蓄電池導入プランでお買い求めになった際の数字です。
電気料金プランなどによっても金額は異なります。

北九州市(門司区、若松区、戸畑区、小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区)、福岡市(東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区)、大牟田市、久留米市、直方市、飯塚市、田川市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、行橋市、豊前市、中間市、小郡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、うきは市、宮若市、嘉麻市、朝倉市、みやま市、糸島市、筑紫郡、那珂川町、糟屋郡、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、遠賀郡、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、鞍手郡、小竹町、鞍手町、嘉穂郡、桂川町、朝倉郡、筑前町、東峰村、三井郡、大刀洗町、三瀦郡、大木町、八女郡、広川町、田川郡、香春町、添田町、糸田町、川崎町、大任町、赤村、福智町、京都郡、苅田町、みやこ町、築上郡、吉富町、上毛町、築上町
※その他のエリアの方はご相談下さい。

ページの先頭へ